วันอาทิตย์, เมษายน 09, 2006

上院選立候補者の面々

昨日、今日とコムチャットルック紙は休刊になりますので、別の話でも書きましょう。

19日に上院選挙がありますが、立候補者の経歴等が載った選挙公報が送られてきました(ポストに入っていただけですが)。

上院の定数200人ですが、バンコク都からは18人選出されます。その18人に対して、今回は260人が立候補しました。結構狭き門です。

立候補者の面々を見てみますと、現職、元も含めて、公務員、軍人、警察官が非常に多いです。次いで、弁護士、教員、医師と続いているように思います。全体的に見ても、公的機関に所属している(していた)人がほとんどです。テレビでも良く見かける俳優や司会者なども立候補しています。

立候補者には、毎度話題になる、チューウィットも最後の260番で立候補しています。前バンコク都知事だったサマックも159番で立候補しています。

女性の立候補者も多いのですが、結婚されていないのか、年齢が60歳を超えているのに敬称がMiss(นางสาว)だったりする人もいます。敬称が好きなタイ人ですので、仕方ない一面はありますが、なんとかならないかと思います。

| | Comments (33) | TrackBack (0)

วันศุกร์, มีนาคม 31, 2006

比例区に出馬する政党

例の不敬罪問題のため、我が家で取っている新聞が休刊になってしまいました。5日間と言われているようですが、いつまで休刊か分かりません。

ここで選挙結果も掲載できませんので、選挙結果の紙面は別の新聞を予定しています。

さて、選挙もすぐそこまで来ていますが、比例区に出馬する政党に何があるのか興味あるところです。選挙の広報にちょっと書いてありましたので、ご紹介します。

No.政党名(พรรค)政策(นโยบาย)
1เกษตรกรไทย タイ農民党 農業研究所の設置、自給自足のための機関の設置、村銀行の設置、農民の借金問題解決、暮らしているだけの仕事の促進等
2ไทยรักไทย タイ愛国党 満足に生きていくために足りないものを提供していく、すべての村がSML予算で発展できる環境を提供する、すべての子供が大学までいけるようにする、麻薬撲滅等
3พลังประชาชน 人民の力党 国民の収入を増やす、麻薬撲滅、質の高い政治家の育成、タイ全土均等な教育を提供する法律を出す
4ประชากรไทย タイ国民党 民主主義の原則に則った透明な選挙制度を提供する、国王がおっしゃるちょうどの経済を提供する、愛国精神や助け合いの精神を生む環境を提供する等
5แผ่นดินไทย タイ大地の党 4つのすること、4つのしないこと、すなわち、借金問題解決、生命保険無料化、ちょうどの農業制度、タイ国民のための政党、選挙は不透明にしない、国をだまさない、国を売らない、国民の問題解決に手間取らない
6ไทยช่วยไทย タイ救国党 民主主義にするための憲法改正等
7พัฒนาชาติไทย 国家開発党 透明な政治、安定した国家
8ธัมมาธิปไตย 仏法主義党 国王のおっしゃるちょうどの経済を提供する等

なかには、タイ愛国党をまねたようなふざけた名の政党もありますが、政策はどこもそんなおかしいものはありません。ただ言えているのは、それを実行するための資金すなわち国家財源はどこから引っ張り出すのかが不明なことです。その辺は行き当たりばったり的なタイの政治と言われる所以かもしれません。また、日本と違って、税金は安くするとか、上げないというような表現がないのもおもしろいところです。

| | Comments (49) | TrackBack (0)

วันอังคาร, มิถุนายน 07, 2005

ガソリン、軽油の値上げ

ガソリン、軽油とともに値上げされました。

ガソリンの値上げガソリンが1リットルあたり40サタン、軽油は1リットルあたり50サタンの値上げです。
軽油はしばらく価格に動きはありませんでしたが、原油価格高騰に合わせて、実勢価格との差を縮めたのだと思います。それでもまだ実勢価格とに差があり、本当は21バーツ台にしたいというのが本音のようです。
でも、そんなに上げたら、タイ経済および一般市民の生活に少なからぬ影響がでますから、小刻みの値上げしかできないのでしょう。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

วันอาทิตย์, พฤษภาคม 08, 2005

もう雨季なのか

そろそろ、暑さも一段落し、雨季模様の天気になりそうです。

トンローの曇り空今年は時々雨が降りますが、ソンクラーン明け後も厳しい暑さが続いていました。去年の今頃はすでに雨が降っていましたので、今年は雨季入りが本格化するのがちょっと遅いようです。

| | Comments (133) | TrackBack (0)

วันพฤหัสบดี, พฤษภาคม 05, 2005

ガソリンの値下げふたたび

ガソリンが値下げになっています。

ガソリンの値下げガソリンが1リットルあたり40サタン値下げになっています。軽油は据え置きです。この5月よりバンコク市内の公共バスの運賃が1バーツ値上げになっていますので、軽油の値下げはたぶんあり得ないです。

上がったかと思ったら、下がる。これは一体なんだと思うけど、原油価格に依存するわけですから、あってあり得ない話ではないんですね。いままでが政府統制しすぎて、価格を抑えすぎていただけなんです。

| | Comments (33) | TrackBack (0)

วันเสาร์, เมษายน 30, 2005

ガソリンの値下げ

なぜか、ガソリンの値段が下がっていました。1リットルあたり、30サタン下がっています。

gas-price6原油価格も5ドルほど下がりましたので、それに合わせた価格なのでしょうか。恒久的なものではないと思いますが、一時であっても値下げは歓迎です。30サタンといえど、満タンにすれは、いつもの値段で1リットルか2リットルは多めに入りますからね。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

วันเสาร์, เมษายน 23, 2005

ガソリン、23バーツ台に突入

ガソリンの1リットルあたりの値段がさらに35サタン上がり、ハイオクは23バーツ台に突入しました。

ガソリン、23バーツ台突入

原油も1バレルあたりの値段が55米ドルとなっていますから、今後、値段は上がっても下がることはなさそうです。

軽油の価格は据え置かれていますが、石油基金からの補填はすでにあっぷあっぷですので、いずれ値上げされるのは必至です。
さきの軽油価格値上げに伴い、5月よりバンコク市内の公共バスは1バーツ値上げすることが決まっていますが、こう小刻みに値上げされるようですと、業者側も納得しません。やはり、政府統制ではなく、完全自由競争であるほうが、みなさん納得すると思うのですが、いかがでしょうか。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

วันอาทิตย์, เมษายน 10, 2005

ガソリンの値上げふたたび

昨日、何気なくガソリンスタンドに目をやったら、ガソリンがふたたび40サタン値上げされていました。

ガソリンの値上げふたたびこの写真は昨日撮ったものですが、実に週に2回の値上げは凄すぎます。

タイ人のみんなのこころはもうすでにソンクラーンなのに、休暇前に2回も値上げとは、与党タイ愛国党もちょっと国民無視じゃないでしょうか。選挙が終わったら、何もかもがなし崩しですからね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันจันทร์, เมษายน 04, 2005

激雨のバンコク

まいにちが暑く、いかにも灼熱の夏という感じでしたが、今朝はちょっと雷を伴った激しい雨です。

今朝の激しい雨

涼しい朝ですが、今朝、新聞を取りに行くとき、ちょっと傾斜になっている大理石の上をサンダル履きで歩いたら、ものの見事にスッテンと滑ってしまいました。臀部、手首を強かに打ってしまいました。痛いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハジャイで同時多発爆弾テロ!

昨夜、タイ南部のハジャイで空港を含む3箇所で同時多発爆弾テロ事件がありました。

空港では、ターンテーブルに廻っていた手荷物が爆発したもようです。他の2箇所は大型スーパー・カルフール(タイ語では、カーフー)、ホテルでは路上に停まっていたバイク等に仕掛けられた爆弾が爆発したようです。
今朝の新聞では1人死亡、42人怪我となっていますが、実際にはもっと被害が大きかったようです。

ハジャイは比較的に安全なところでしたが、テロによる危険度が北上しつつあるようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧