วันจันทร์, มีนาคม 07, 2005

飲茶

dimsam
昼、妻の会社の従業員と一緒に、タイムズ・スクウェアにあるジャスミンで飲茶に行きました。

ここは結構ハイソな中国系タイ人やどこかの会社のエグゼクティブ達がパワーランチに来ることが多く、込んでいるかなと思いきや、今日は空いていました。もちろん、日本人も多く来ます。

お味のほうですが、蝦のぷりぷりした蝦しゅうまいが絶品です。ただ、いろいろ食べているとどれもみんな同じになってくるので、一度にたくさんは食べられないなぁと思いました。今日は食べませんでしたが、黒鶏のスープも美味しいです。

| | Comments (18) | TrackBack (0)

วันอาทิตย์, ธันวาคม 26, 2004

タイの日本酒

タイ製日本酒・忍タイでも日本酒を作っています。とはいっても、日本の醸造メーカが作っているわけではなく、地場メーカのものです。

日本酒というせいか、銘柄も日本名でずばり「忍(しのぶ)」です。結構、いけてる名前でしょ。最近の日本ブームがくる前から売り出されていましたが、そのネーミングでいくところはなんだか先見の目があるような気がしてなりません。

日本のような1.8L瓶や720ml瓶ではなく、もうすこし小さい330mlの瓶しかありません。しかも栓はビールと同じような王冠で栓抜きを使って開けます。

味のほうはそんなに悪くはありません。しかし、タイでの一般的な保存形態を考えると、防腐剤の類が使われていると思います。健康にいいかどうかのほうが心配です。

値段はうちの近所の酒屋で1ケース90バーツ。1ケース12本入りですから、1本あたり7.5バーツ! スクムビットにある某有名スーパーでは1本35バーツで売ってました。ただ、酒類としての販売というより、料理酒の扱いでしたね。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

วันพฤหัสบดี, พฤษภาคม 06, 2004

雨季と果物

一日中雨ということではありませんので我慢できるのですが、雨はやはり鬱陶しいです。
今朝も雨だったし、昼間は晴れていたもの、ムシムシするし、夕方は夕方で雨がまた降り始めるし、本当に嫌になってしまいます。10月まので雨季のまだほんの序章にすぎないですけどね。まあ、いまは美味しい果物も出回っていますから、許してしまいますが。

雨季が始まりのころになると日本でもお馴染みの果物が出回ります。いま出回っているのは、リンチーลิ้นจี่(ライチ)、マンクッมังคุด(マンゴスチン)、ンゴッเงาะ(ランブータン)、トゥリアンทุเรียน(ドリアン)です。特に今年のリンチーは大粒で食べ応えがあります。トゥリアンは道端でバナナ売りのように盛んに売られています。私は嫌いではないので食べますが、日本人の方の場合、あれほど好き嫌いがはっきりする果物はないですね。もっとも、あれが果物なんて思えないんで、仕方ないですが。今度、写真のほうもアップしましょう。

| | Comments (11) | TrackBack (0)