« 愛人、正妻の子供をさらう | Main | Still Crazy For You »

วันพุธ, เมษายน 19, 2006

愛人、乳児を抱いて逃げたのを否定

今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「愛人、乳児を抱いて逃げたのを否定」です。

2549(2006)年4月19日の一面ロッブリーの病院から赤ちゃんをさらって逃げた犯人とされた赤ちゃんの父親の愛人ですが、事件のあった14日はすでに実家のあるウドンタニーにいたという多数の証言や病院のビデオカメラに映っている女性と皮膚の色や容姿は異なるということから警察はその女性の女性の母親を釈放しました。警察はロッブリーとウドンタニーの両方の証言や情報に混乱を受けており、捜査は振り出しに戻りました。警察では誘拐された赤ちゃんはまだ生きているものを確信しており、犯人探しと同時に赤ちゃんの行方を全力で捜しています。一方、赤ちゃんを誘拐された夫婦より警察への仲介役を依頼されたパヴィーナ財団のパヴィーナは事件に関連してる夫婦および愛人とその母親の4人を集め、報道陣に非公開の話し合いをしました。話し合いは2時間以上に渡りましたが、内容については明らかにされていません。
いずれにしても簡単に解決すると思われた事件ですが、捜査はまったく振り出しに戻っています。犯人の決め手となるビデオカメラに映った映像などの証拠がありますが、その辺はタイの警察の限界といったところなのでしょうか。

見出し左側の写真です。

ある女子大生はタイで多数の支店を持つ美容センターで顔圧を含むコースを受けたところ、顔の肌がノミで削ったように皮がむけ、膿も出てくるようになったとして、消費者保護センターにその美容センターを訴えました。訴えを受けて、消費者保護センターは食品医薬品局に調査を依頼しました。現在、食品医薬品局が調査をしている最中ですが、顔圧に使用した薬用植物由来の化粧品が食品医薬品局の定める基準に合致していない可能性がるということです。美容センターでは現在調査中ということで詳細については語っていませんが、女子大生の被害については治りまで面倒見るということを言っています。
綺麗になりたいという女性の願望とは裏腹にこういった危険も持ち合わせているということも肝に銘じておかないといけないということでしょうか。

中段右側の写真です。

夏期休暇中の勉強に行った息子を迎えに行き、家に着いたところ、家に泥棒が二人いるのに気づきました。母親はとっさに家の鍵を閉めましたが、ピストルを持った泥棒の一人に脅され、危うく難を逃れました。泥棒の一人は息子がまだ乗っている車に乗り込み逃げようとしましたが、息子は泥棒の首を後ろから絞め、泥棒は車から逃げました。警察が3時間に渡って、近隣を捜査したところ泥棒と思われる一人の男を捕まえました。男は容疑を否定しているということです。
ピストルを持った男に立ち向かったということですから、なかなかすごいです。

中段左側の写真です。

スラータニーで4人が乗った自動車がM16ピストルで銃撃され、一人が死亡、一人が大怪我しています。この事件の3時間ほど前、ある民主党元下院議員の親戚である二人の男が何者かに銃で撃たれ殺害されるという事件がありました。事件に遭遇した4人はこの二人の殺人事件の証人として警察で取調べを受けており、取調べが終り警察署から出て400mのところで銃撃されています。二つの事件の関係者は中古車販売に関連しており、ビジネス上のトラブルにより銃撃されたものと警察ではみています。
自動車に乗っていて助かった二人は生命の危険があるということで、名前を明かすのは望んでいないと書いてあります。それはそうだなと思います。ちょっと怖いですね。

下段右側の写真です。

スクムビットにあるハイソの家に泥棒が入りました。敷地は300タランワー(1200平方メートル)で10億バーツ(30億円)の家だそうです。被害にあったのは、ブランド物の男性用の靴20足(40万バーツ相当)、メガネ6個(8万バーツ相当)、仕事用のカバン(1万5千バーツ相当)および現金1万5千バーツの計51万バーツだそうです。被害者の女性は宝石屋を経営しており、家には200万バーツ相当のダイヤモンドがあったようですが、幸いにも被害に遭わなかったようです。また、この女性の話では過去に3回泥棒に入られた経験があるということです。
なかなかすごいです。なんで男性用靴20足と思いましたが、アメリカ人の旦那さんのものだったようです。1足2万バーツ(6万円)に靴ってどんなものかと思ってしまいます。

最後に上段の写真です。

先日、タイ国王在位60周年記念の一環として、過去に国王と一緒に写真に写った人の身元を探しているという記事がありました。タイ政府はその一人にその時の写真と記念のメダルを授けました。写真は36年前のもので、当時部落長を務めていた折に国王の訪問を受け部落の状況などを説明したものです。
国連はタイ国王の長年の功績を称え、UNDPアワードを献上すると発表しています。また、内閣はタイ国王在位60周年を記念して記念硬貨を発行すると発表しています。1万2千バーツの金の硬貨と600バーツの銀の硬貨だそうです。

|

« 愛人、正妻の子供をさらう | Main | Still Crazy For You »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31450/9666180

Listed below are links to weblogs that reference 愛人、乳児を抱いて逃げたのを否定:

« 愛人、正妻の子供をさらう | Main | Still Crazy For You »