« ロックワイラー2匹、老人の耳噛み切る | Main | 愛人、乳児を抱いて逃げたのを否定 »

วันอังคาร, เมษายน 18, 2006

愛人、正妻の子供をさらう

今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「愛人、正妻の子供をさらう」です。

2549(2006)年4月18日の一面ロッブリーの病院で生後5日になる乳児がガウンを着た女性に注射するからと言われて誘拐されるという事件がありました。誘拐されたのは双子の姉妹のうちの妹のほうです。その後の調べで、誘拐したのは父親と愛人関係にあった女性ということが判明しました。この女性は夫婦と同じ工場に勤めており、ねんごろな関係にあったようです。犯人の女性の供述では9日から12日までロッブリー市内のホテルに投宿しており、さらった赤ちゃんはホテル裏の寂しいソイに捨てたと言っていますが、赤ちゃんの姿は見つからず生死は不明のままです。一方、誘拐された夫婦は残った双子の姉を連れて、パヴィーナ財団を訪れ、今回の事件の警察への仲介を依頼しました。早速、パヴィーナは夫婦より事情を聴き、警察へ捜査を要求しました。警察の調べによると、赤ちゃんが生まれる前の9日から12日の間、犯人の女性と父親はロッブリー市内のあるホテルに一緒にいたことが判明していますが、赤ちゃんが生まれからずっと病院にいたようです。
写真は病院内のテレビカメラが犯人の女性を捉えたところです。
結局、父親もずいぶん怪しい存在ですが、愛人がいたことを暴露されたわけですから、この夫婦はこれから一緒にやっていくことは無理だろうなと思ってしまいます。

上段左側の写真です。

ソンクラーンは終わりましたが、チョンブリーでは水掛けを興じています。これはワン・ライ(流水の日と訳したらよいのだろうか)のお祭りだそうです。

中段右側の写真です。

バンコクのタリンチャンで14歳の女児を殺害したとして、20歳に建設作業員の男が逮捕されました。調べによると、タリンチャン駅裏で上映されていた映画を見ていた14歳になる女児を見かけ、映画が終わってから一緒に歩いていたらむらむらときて、一緒に寝ないかと言ったら、軽蔑されたので女時の腹部を殴って、顔を水に付けて殺害したと供述しています。また強姦はしていないと供述していますが、女児の肛門が裂傷していることから男が事に及んだのではないかと更に追及しています。事件当日、男は酒に酔っていたいうことです。また、男は去年も4歳になる女の子にいたずらをした犯罪経歴があるということです。
性犯罪者はどこの国でも再犯性があるようですね。

下段左側の写真です。

タクシー車内に置き忘れたカバンを届けてくれたとして、落とし主より運転手に現金5万バーツと金の仏像1体をお礼として差し上げました。忘れたカバンには現金のほかに仏像が入っていたそうで、仏像については値段が付けられないほど価値があるということです。運転手によれば、カバンに名刺が入っていたので電話も出来たが、間違いがあると怖いので、交通ラジオ局を通したということです。

写真はありませんが下段左側の記事です。

問題となっているO-NETとA-NETの採点やり直しですが、教育省高等教育局によれば4月30日に満を持して発表できることを明らかにしています。

最後にソンクラン中の危険な10日間である7日から16日までの死者は476人、怪我をした人は5985人と発表されています。

|

« ロックワイラー2匹、老人の耳噛み切る | Main | 愛人、乳児を抱いて逃げたのを否定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31450/9650176

Listed below are links to weblogs that reference 愛人、正妻の子供をさらう:

« ロックワイラー2匹、老人の耳噛み切る | Main | 愛人、乳児を抱いて逃げたのを否定 »