« 3ショッピングセンター閉める デモグループから逃げる | Main | 比例区に出馬する政党 »

วันพฤหัสบดี, มีนาคม 30, 2006

10万人 バラゴンを埋め尽くす

今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「10万人 バラゴンを埋め尽くす」です。

2549(2006)年3月30日の一面サヤームスクウェア周辺で開かれた反タクシン派のデモ集会は10万人台の参加者で埋め尽くされました。反タクシン派はタクシン首相に対する追求のほかに、今回の総選挙におけるタイ愛国党の選挙違反行為を容認しているとされる選挙管理委員会にも矛先が向けられ、選挙管理委員の退任を求める抗議活動にも発展しています。次回のデモ集会は4月7日にラマ8世橋で会おうということになったようです。
選挙まで2日残すだけになりました。このまま選挙に突入しても、1回の選挙で小選挙区400人、比例区100人の計500人が出揃うことは難しくなっています。いま注目されているのは選挙後です。どうなるのかです。

上段の写真です。

タイ国王在位60周年にあたり、過去に国王の写真に一緒に写った一般庶民の身元を探し出しています。ピックアップされた5枚の写真のうち3人の身元は判明しました。写真は判明した3人のうちの二人です。右側の小さい子供が国王の足元でワイしている写真です。これは、国王のパッタニー訪問の際の写真で今から33年前だそうです。写真の子供は今はナコンシータマラートで公務員をしているそうです。左側は国王がメーホンソーンを訪問したときの写真です。親に抱かれた子供は当時具合が悪く、国王自ら子供に薬をあげているところです。これは36年前だそうです。こうして見ると国王はタイ全土を精力的に廻っていたということがよく分かります。

下段右側の写真です。

メーホンソーンで殺害された思われる6人の遺体が発見されました。6人は最近一家行方不明になった8人のうちの6人とみられています。8人はモン族のアメリカ人で、2ヶ月前ノンカーイで起った二人のラオス人殺害事件と関連があるのではないかとみられています。

下段左側の写真です。

農業省の降雨のための飛行機がチャンタブリーの果物畑の墜落し、飛行機に乗っていた乗員4人が死亡しました。飛行機は飛行場から離陸直後で機体の一部が木に当たり、果物畑に落ち炎上したようです。
機体の損傷度合いからみて、かなり低いところから落ちたと思われますが、亡くなったとはお気の毒です。今朝のバンコクは雷を伴う雨で目が覚めました。この雨はこの飛行機からの化学物質散布による降雨なのでしょうか。

写真はありませんが、中段左側です。

昨日の紙面で王室に対する謝罪文がありましたが、24日の紙面でソンティ氏の王室に対する不敬罪に相当する発言を記事として記載したとして、この責任をとって、編集長は辞任したと発表しています。

|

« 3ショッピングセンター閉める デモグループから逃げる | Main | 比例区に出馬する政党 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31450/9348301

Listed below are links to weblogs that reference 10万人 バラゴンを埋め尽くす:

« 3ショッピングセンター閉める デモグループから逃げる | Main | 比例区に出馬する政党 »