« 株疑惑パート2 裁判所に頼るのはやめる | Main | サンティ・アソーク参加 ジャムロン 辞任を突きつける »

วันอาทิตย์, กุมภาพันธ์ 19, 2006

タクシンをやっつける ジャムロン 追放デモに参加する

今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「タクシンをやっつける ジャムロン 追放デモに参加する」です。

2549(2006)年2月19日の一面とうとう動き出しました。タクシン首相の政界に引き入れた師匠でもある元パラタム党党首のジャムロンが2月26日行われる市民集会に参加する意向であることを表明しました。14年前の10月14日の民主運動に参加した人たちは純真な市民の行動力に期待していると伝えています。一方、タクシン首相は現時点で軍隊が各県の地方行政に移管されるのではないかとい噂が出ていることについて、何者かが悪意の意図を持って流しているデマであると伝えています。
ジャムロンが動き出したことで、ちょっと面白くなってきました。92年の流血事件の当事者ですが、過去の例からみても、今回の市民集会が流血を見るデモになることはジャムロン自身が避けたいと思っていることと思います。

中段右側の写真です。

ガイヤーンとソムタムの店に強盗に入ったうえ、警察官の頭を撃ち殺害したとして二人の男が警察に捕まりました。強盗は3人で押し入り、残りの一人は現在も逃走中とのことです。店から2バーツの金のほか現金などを強奪したということです。警察ではもう一人の犯人の行方を追っています。
銃器類が氾濫していると警察官も公務員といえど何をするにしても命がけです。

中段左側の写真です。

ガソリンと積んだタンクローリーの後部が突然爆発しました。この事故で爆発した後部から薄い鉄板が道路を挟んで80メートル離れた反対側まで飛んでいき、電気修理店の主人を直撃し、死亡しました。タンクローリーは排気ガス官の修理を行っていたといことで、タンクの中にわずかに残っていたガソリンが修理によって加熱された排気ガス官を伝わって気化し爆発したのではないかとみています。
80メートル離れたところで直撃されてしまうというのはなんとも気の毒なことです。

下段左側の写真です。

法医学研究所所長のポンティップ女医は9時間掛けて、ちょっと派手なヘアスタイルから派手さを隠した愛らしいスタイルに変えたということです。ヘアスタイリストは有名なソムサック氏だそうです。
この方の仕事にもいろいろと政治が絡んできていますので、心機一転ということでしょうか。できあがった新しいスタイルをぜひ拝見したいものです。

|

« 株疑惑パート2 裁判所に頼るのはやめる | Main | サンティ・アソーク参加 ジャムロン 辞任を突きつける »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31450/8732724

Listed below are links to weblogs that reference タクシンをやっつける ジャムロン 追放デモに参加する:

« 株疑惑パート2 裁判所に頼るのはやめる | Main | サンティ・アソーク参加 ジャムロン 辞任を突きつける »