« มิถุนายน 2005 | Main | มกราคม 2006 »

วันเสาร์, สิงหาคม 13, 2005

事故続きのJAL

ここ数ヶ月、猛烈に忙しく、エントリされままなりません。
数ヶ月の間に情勢もいろいろ変わりました。思い出してエントリをしていますので、お待ちください。

いつも利用しているJALですが、今年になって、大事故につながりかねない事故や不注意の類が続いています。
昨日はタイ王妃の誕生日でしたが、福岡からホノルルへ行く飛行機がエンジンから炎を噴き上げるという事故がありました。8月12日といえば、20年前に御巣鷹山にJAL機が墜落があった日と同じです。

事故ではないですが、今月はJALで不愉快な思いをしました。

バンコクに観光に来ていた母と妹が帰るため、6日の朝、ドンムアン空港に一緒に行きました。
なぜかチェックインカウンター前は人盛りでした。待てど列は進まず、おかしいなと思っていたら、カウンターに張り紙があり、機材故障で出発が夜になるかもしれないということでした。

他の乗客からは他社便に振り替えてくれるとか、未確認情報は聞こえてきますが、当事者から説明は一向にありません。一時間も待ったでしょうか。ようやく、日本人スタッフからの説明がありましたが、不明瞭で要領得ない説明でさっぱりわかりません。われわれが知りたいのは、そのまま待っていればよいのか、それとも出発が夜になるのなら夜もう一度くればいいのかです。

要領得ませんので、さきほど説明していた日本人スタッフに聞きにいきました。他社便に振り替えてほしいのであればそのまま待っていてください、夜の出発でいいのであれば夜もう一度ここに来てください、という明瞭な回答が聞きだせました。初めからそういってよ、といいたいです。

あとで母と妹に聞いたら、機内はガラガラだったそうです。大部分の人たちは他社便に振り替えてもらったみたいです。

10日にはバンコク出発のJAL便が機内で煙が発生したとかで、ドンムアンに引き返したということもあったようです。

どうも最近のJALはたるんでるんじゃないの、といいたいです。
家族でJALを乗っていましたが、今度はANAに切り替えようかなと思案しているところです。

| | Comments (61) | TrackBack (0)

« มิถุนายน 2005 | Main | มกราคม 2006 »