« 妊婦を襲う お腹を撃たれ穴があく | Main | 3日3晩、王子誕生祝う »

วันเสาร์, พฤษภาคม 07, 2005

王子を抱いて、スコータイ宮殿へ

今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「王子を抱いて、スコータイ宮殿へ」です。

今日の一面先月30日にお生まれになった王子は皇太子に抱かれて、スコータイ宮殿に入りました。シーラット妃は涙を浮かべていたということです。
王子を包んでいる毛布に青い鳥があるのがわかりますか? 今年の干支をかたどった毛布で包んだんですね。

もう一つ、上段左側の写真です。

国王がカセサート大学獣医学部に設置された骨と関節を病んだ犬のためのプールの開所式にお出ましにあられました。このプールは国王が飼われているトーンデーンを模したTシャツの売り上げから造られたとのことです。

日本ではこういう設備があるのでしょうか。まだ野良犬が多いタイにあって、日本にないということはないでしょうか。

もう一つ、写真はありませんが。

スパンブリーで18歳になる女性が生後16日の赤ちゃんを抱えて、ロータスで粉ミルク、衣類などを盗もうとして捕まりました。23歳になる夫は職もなく収入が安定せず、赤ちゃんはいつもお腹を空かして泣いているので、やむなく盗みをやったと供述しています。

こういう記事は非常に悲しいです。タクシン首相のような金持ちから、捕まった女性のようにタイは非常に貧富の差が激しいです。日本のように一億総中流である必要はないけど、もっと貧困をなくす努力は必要だと思いますね。

|

« 妊婦を襲う お腹を撃たれ穴があく | Main | 3日3晩、王子誕生祝う »

Comments

キューティーパスポート

Posted by: キューティーパスポート | วันพฤหัสบดี, พฤษภาคม 28, 2015 at 10:49 ก่อนเที่ยง

キューティーパスポート

Posted by: キューティーパスポート | วันศุกร์, สิงหาคม 07, 2015 at 03:52 หลังเที่ยง

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31450/4036688

Listed below are links to weblogs that reference 王子を抱いて、スコータイ宮殿へ:

« 妊婦を襲う お腹を撃たれ穴があく | Main | 3日3晩、王子誕生祝う »