« 王子を抱いて、スコータイ宮殿へ | Main | もう雨季なのか »

วันอาทิตย์, พฤษภาคม 08, 2005

3日3晩、王子誕生祝う

今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「3日3晩、王子誕生祝う」です。

今日の一面皇太子は王宮にて王子誕生に対して各国使節団、公務員、市民に非常なお喜びを表明いたしました。王の侍従はタイ4地方にて3日3晩に渡り、王子誕生の祝宴を催すことになりました。

王子誕生は世界ではどういう見方をされているのでしょうか。日本でもニュースとして、取り上げられているのでしょうか。

もう一つ、中段右側の写真です。

また、蛆虫が現れました。
10歳になる男児が1週間に渡り、耳が痛かったため、耳に薬を注入したところ、蛆虫が出てきたということです。病室のベッドの横で母親が微笑んでいますが、恥ずかしくないんでしょうかね。

もう一つ、下の写真です。

正直タクシー運転手がバーレン人がタクシー内に忘れた16万バーツ入りの財布を届け、無事持ち主に手渡されました。この正直運転手はお礼として1万バーツをもらったということです。

時々、このようにニュースとして報道されることがありますが、見つかるほうが結構まれです。1000バーツとかだったら、忘れたほうもあきらめますが、10万とかになるとあきらめきれませんけど、通常は乗ったタクシーを見つけられないし、運転手も名乗り出ないことのほうが多いと思います。いろいろなことがありますので、タクシーに乗るときは私は車のナンバーとかは控えるようにしています。もっともいまのところ、何もないですけど。

もう一つ、写真はありませんが。

チャオプラヤー川河口近くで船を住み家にしているところで、うたた寝をしていた夫のそばにいたはずの9ヶ月になる息子が見当たらないことに気づいた妻は夫を起こし、一緒に探しましたが見つかりません。おそらく川に転落したものとみて、ダイバー10人で捜索しましたが、見つかりません。この時期、川の流れも強く、また風も強いことから、船が停泊していた場所から遠いところに流されたものとみています。

ご存知のように、川も濁った色ですし、おそらく見つからない可能性が高いです。ちょうど、よちよち歩きできる頃合だったのでしょうね。

|

« 王子を抱いて、スコータイ宮殿へ | Main | もう雨季なのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31450/4067770

Listed below are links to weblogs that reference 3日3晩、王子誕生祝う:

« 王子を抱いて、スコータイ宮殿へ | Main | もう雨季なのか »