« アメリカ人教師捕まる 浮浪の子供を監禁 | Main | 乳児、不審死 骨が折れているのが見つかる »

วันพฤหัสบดี, พฤษภาคม 12, 2005

軍人の格好し家に侵入 7人連れ去る

今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「軍人の格好し家に侵入 7人連れ去る」です。

今日の一面ウボンラッチャタニーの学校の校長先生の娘が、ランシット大学を卒業したので迎えに行ったが、住んでいた寮に娘はおらず、親友に尋ねると娘の恋人とナコンパトムの家を借りて住んでいるということで、そっちの家にも行ったが誰もいないということで、父親である校長先生は娘が何らかの危機にさらされているのではないかと警察に届け出ました。
警察の調べでは、借りていた家には娘とその恋人の他に5人の計7人で住んでいたということで、周辺の住民の話では7人が失踪する前に軍人の格好した男達が乗った車が出入りするのを目撃されており、その男達に騙されて連れ去られたとみています。
さらに、娘の恋人である男はコラート憲兵隊の憲兵を銃撃した事件に関わっていたことがわかりました。また、競馬で得た多額の儲けもなくなっていることから、複雑な問題が絡みあっているという見解を示しています。

なんかのいざこざが原因で、その娘は巻き込まれてしまったという感じです。

もう一つ、上段左側の写真です。

昨日は農耕祭で公務員はたぶん休みだったと思います。カレンダーは赤になっていることが多いようですが、一般には休みではありません。
その祭りでは国王が飼われている牛に7種類の餌を食べさせ、今年の農業がどうであるか占いをします。写真の牛は、今年はとうもろこし、豆、ごま、草を食べたということで、今年は河川の水は豊富だろうということです。
食べた4種類から水が豊富というのはどうしたらでてくるのか知りたいところですね。

もう一つ、中段真ん中の写真です。

ミス・ユニバースに出場するミスたちの写真です。皆さん、すごく細くきれい。左から二人目のマレーシア代表は眩しいほどの白さですね。我が日本代表は全然出てこないですが、どこにいるのだろうか。

もう一つ、写真はありませんが。

出血熱(デング熱)に罹っていた13歳の少年が手当ての甲斐なく死亡しました。ラヨーンではデング熱に罹った人は198人に達し、厚生省では6月から7月にかけてが危険と注意を呼びかけています。

|

« アメリカ人教師捕まる 浮浪の子供を監禁 | Main | 乳児、不審死 骨が折れているのが見つかる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31450/4183239

Listed below are links to weblogs that reference 軍人の格好し家に侵入 7人連れ去る:

« アメリカ人教師捕まる 浮浪の子供を監禁 | Main | 乳児、不審死 骨が折れているのが見つかる »