« ガソリンの値上げふたたび | Main | 異常者、女性の喉元に刃物を突きつけ脅す ガソリンをかけて燃やす »

วันพฤหัสบดี, เมษายน 14, 2005

破廉恥なことをする 酸性の液を投げつける

今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「破廉恥なことをする 酸性の液を投げつける」です。

今日の一面今日からタイ正月ソンクラーン(สงกรานต์)です。
そのソンクラーンが始まる前から、タイ全土ではすでに気持ちはソンクラーン状態になっています。
タイ南部のパッタニー(ปัตตานี)は、若者グループに酸性の液を掛けられ、6人がただれなどの怪我をしました。うち13歳の子供は両目に入り重症となっています。
被害者の話から警察では容疑者と思われる7人の若者を捕捉し、被害者に面通しさせたところ、二人の若者を指差したということで、警察では二人をさらに取り調べるとのことです。

まったくもって、破廉恥です。何を考えているのかわかりません、タイの若者は。

ソンクラーンでは水掛けがつきものですが、タイ北部のルーイ(เลย)では乾燥がひどく、水掛けのための水を買わなければならないそうです。

まさにところ変わればいろいろですね。

もう一つ、下の写真です。

生後1ヶ月ぐらいの女の乳児が、母親が借りていた部屋でお腹を空かして泣いているのが見つかりました。部屋には哺乳瓶と何枚かのオムツがあっただけで、ほかには何もありませんでした。部屋を借りていた母親は、トム(ทอม)の女性(おなべ)を追って逃げたらしいということが判りました。警察では母親の行方を追っています。

なんでまた、おなべのもとに走ってしまうのでしょうかね。わかりません。

もう一つ、写真はありませんが。

カンボジア国境沿いのスリン(สุยินทร์)、シーサケット(ศรีสะเกษ)の学校で女子中学生の売春があるということで、教育相顧問自らが現地の学校で生徒、教員を調査しました。調査によると、生徒内で斡旋のエージェントがあり携帯電話で客とのやり取りをしていることがわかりました。教育相顧問は売春に関わった女子生徒に対して、研修を行い、研修の結果によって、学校に復学させるがどうか判断するそうです。また、教員が生徒売春に関わっていることがわかれば、早速懲戒免職処分にすると警告しています。

それだけ、大人である教員が売春に興味を持っている人が多いということでしょうか。

|

« ガソリンの値上げふたたび | Main | 異常者、女性の喉元に刃物を突きつけ脅す ガソリンをかけて燃やす »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31450/3696212

Listed below are links to weblogs that reference 破廉恥なことをする 酸性の液を投げつける:

« ガソリンの値上げふたたび | Main | 異常者、女性の喉元に刃物を突きつけ脅す ガソリンをかけて燃やす »