« มกราคม 2005 | Main | มีนาคม 2005 »

วันจันทร์, กุมภาพันธ์ 28, 2005

ハイテクで騙し捕まる 士官学校入試

今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「ハイテクで騙し捕まる 士官学校入試」です。

今日の一面陸軍士官学校入試で46人の受験者がカンニングで捕まりました。試験室には携帯電話等の通信新機器の持ち込みは禁止されていましたが、試験監督者がある受験者の挙動がおかしいとして、試験を中止し、受験者を調べたところ、靴底に携帯電話を隠していたのが判明しました。このため、他の試験室も調べたところ、総勢46名が携帯電話、ポケベルを隠し持っていたことがわかりました。
カンニングの手段は試験情報を何らかの形で外部の人間が入手し、受験者に解答番号を携帯電話やポケベルの呼び出し回数で指示するというものです。

受験者を調べたところ、入試要綱を手に入れたら、合格できるようにしてあげるという電話がありお金を払って、カンニング手段を教えてもらったということのようです。なかには20万バーツ払った受験者もいるようです。

入試カンニングはいずこも同じです。しかし、見つかったあとの代償が大きいです。

もう一つ、真ん中の写真です。

チェンマイ動物園にいるパンダも暑さでヘトヘトのようです。係員が熱さましのために水をかけています。もともとはエアコンもあり快適なはずですが、電気代節約のため稼働時間を減らされているようです。ここも借り物のパンダですが、どこかの動物園のようにVIP待遇というわけにはいかないんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันอาทิตย์, กุมภาพันธ์ 27, 2005

新聞の一面

一面のトップをアップしていますが、アップして思うことは、続報が少ないことです。

日本ですと、一面を賑わす記事は何日間に渡って、一面のトップを飾ることが多く、その経過がどうなっているのか知ることが出来ます。タイの場合ですと、一面に載っても、その後の続報が内ページにあったり、ひどいときはうやむや状態になっていることもあります。そういう意味では、結構、タイに新聞は欲求不満が溜まります。あの話しはどうなったんだっけと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

父 打ちのめされる 子供を轢く

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「父 打ちのめされる 子供を轢く」です。

ピッサヌローク(พิษณุโลก)で父親が車をバックさせようとしたとき、車の後ろでヨチヨチしていた自分の子供を轢いてしまうという事故がありました。
子供は1歳4ヶ月の女の子で、父親は目に入れても痛くないほどの可愛がりようだったようで、事故後は自分も娘のところに行きたいと、死んだ娘を何度も抱いては泣きながら、盛んに口にしていたそうです。親戚は彼は自殺してしまうのではと心配で、誰かを彼の近くに置いているそうです。

ちょっと悲痛な話しですね。この手の事故もよくありがちです。大丈夫だと思ったんでしょうね。

もう一つ、下の写真です。

黒い服の女性が引き出しを指しています。
さきの津波で亡くなったゴルフ解説者の家で強盗がありました。腕時計など貴金属など、100万バーツ以上が盗まれたようです。
不謹慎ですが、タイでもあるところにはあるんですね。

もう一つ、真ん中の写真です。

自己の問題から自殺しようと思ったのでしょうか。電信柱によじ登りましたが、結局は捕まってしました。捕まった際にもみ合ったのか、女性のジーパンがずり落ちて、ちょっと半ケツ状態になっています。
新聞でのエロい写真はご法度ですが、これくらいは大丈夫なんですね。もっとも全然エロくはないですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

配布用の"津波"小冊子印刷する

今日の一面26日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「配布用の"津波"小冊子印刷する」です。

国王陛下は、さきの津波被害を受けて、タイ国民に広く、津波に関する知識を啓蒙するため、津波に関する小冊子の印刷を命じました。初版の32,000部はタイ国内の教育機関に配布される予定だそうです。

タイ王室から被害者が出た津波です。こういうことはタクシン首相がやったらいいのにと思うのは私だけ?

もう一つ、下の写真です。

おっぱいが大きくなるクリームの宣伝でモデルさんを使って、胸を露にさせて、実演したプッキーです。やった者勝ちという感はありますが、警察はプッキーと3人のモデルを呼び出し、猥褻物陳列の容疑で1人あたり500バーツの罰金を命じました。
本当に効果のあるクリームであれば、今回の実演は広告に勝る効果はあったと思いますが、医学界からは否定的な意見しか出てきません。へたするとガンを引き起こす可能性もあると指摘しています。

ゴタゴタのプッキーですが、華やかに復帰となるのかどうか見ものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

文化省 プッキーを罵る 胸で実演

今日の一面25日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

ちょっと自宅の内装工事が始まり、私の書斎もゴタゴタ状態でPCが使えない状態だったので、更新はまとめてします。

見出しは、「文化省 プッキーを罵る 胸で実演」です。

ちょっと昔前にアイドルだったプッキー(ปุ๊กกี้)ですが、男性運が悪かったのか、離婚しました。離婚後も親権のいざこざがありましたが、時々紙面を賑わしていましたが、また紙面を賑わしています。

プッキーはある化粧品会社のマネージャとして、3人のモデルを使って、胸が大きくなるクリームの実演をマスコミに対して行いました。これを受けて、関係省は、実演が誇大宣伝である可能性や女性の裸体を大衆の前に見せていることに懸念を表明しています。警察当局は今回の実演が公序良俗に反しないかどうか調査するとしています。
また、化粧品の安全性を管理する食料・薬品委員会(อ.ย.は、このクリームが本当に効果があるのであれば、今回の実演については目をつぶるとしています。

公序良俗に反するのと言われると、ゴーゴーバーなんかどうなのと思ってしまいますが、こういうことについてはタイはまだまだ保守的です。

もう一つ、下の写真です。

イスラエルの旅行者がタクシーにお金など入れたカバンを置き忘れましたが、無事届けられたという記事です。カバンには10万バーツ入っていたようですが、届けた人は親切な人だったようです。忘れたら、カバンすら出てこないかもしれませんからね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันพฤหัสบดี, กุมภาพันธ์ 24, 2005

バレンタイン切手

バレンタイン切手遅ればせながら、バレンタイン・デーに合わせた切手を入手しましたので、ご紹介しましょう。

今月10日に発売され、インクにバラの香りが組み込まれています。匂いをかぐと確かにそれらしい香りはしますが、甘い香りで安っぽい香水みたいな気がしないでもありません。
タイの切手は通常タイ国内で印刷されていますが、この切手はフランスの印刷メーカに委託したものです。

しかし、額面10バーツといい、その大きさといい、まったく使いにくい切手です。10バーツなんて、なんの用途に使うものなのか想像もつきません。タイ国内の封書は3バーツ、国外でも14バーツですから、まったく持って半端です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

護符の刺青の犯人を追う ざくっと僧侶を斬る

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「護符の刺青の犯人を追う ざくっと僧侶を斬る」です。

サラブリー(สระบุรี)にあるお寺で、僧侶の頭を斬られ殺されるという事件がありました。
同じ寺に同居している男が殺された僧侶と出掛けるところを見た者がおり、警察ではこの男が犯人とみて行方を追って追っている。この男は護符の刺青をしており、過去に殺人で2年半の懲役を受けたことがあり、出所して間もないということである。また、この男は僧房内で酒を飲み、大きな声で歌うこともあり、殺された僧侶が注意しても聞かないので、出ていってくれとうことを言い争っていたとのことである。

僧侶は神聖なものであるはずですが、新聞沙汰になってしまうと、普通の人と変わりありません。

もう一つ、下の写真です。

下院の車でカンボジアのポイペットまで行き、カジノに興じたうえ、タバコ、ワインを購入にし、密輸入したことが報じられています。その下院の車は、プラチンブリーにある教育機関視察ツアーのなかに組み込まれていたようです。パスポートなしで国境を越えていた疑いももたれています。

日本の議員さんの海外視察と同じですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันพุธ, กุมภาพันธ์ 23, 2005

乳児の死体を手にする お守りに入れる

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

今日は万仏節(วันมาฆบูชา)で休みです。この日はお寺にお参りし、火を灯したロウソクを両手に挟み合掌しながら本堂の回廊を右回り3回廻ります。

そんな仏日にとんでもないニュースが紙面を飾りました。

見出しは、「乳児の死体を手にする お守りに入れる」です。

パヤオ(พะเยา)で乳児の死体を持ちながら、お守りにしてくれる店を探している男がいると通報があり、警察に捕まりました。
警察の調べでは、この男は日雇い労働者で、男の乳児の死体はいろいろな危険から身を守ってくれるとして、パヤオ病院から生まれたばかりの死んだ赤ちゃんを譲り受けてもらったと称しています。

メージョー大学の先生の話では、男の乳児の死体に神通力があるとされるグマーントーン(กุมารทอง)は昔の話であり、いまでは信じる人は少ない、でもカンボジアや国境地帯ではまだ信じられているところがあると言っています。

ちなみにこのグマーントーンですが、富田辞典によると、母胎で死んだ胎児に神通力があるとし、深夜お寺にて呪文と儀式に従って、妊婦のお腹かた胎児を取り出し、火であぶって乾燥させた後、漆を塗り金箔を貼るのだそうです。

もう一つ、上の写真です。

最近、韓流が流行のようですが、タイも同じです。
女優のイ・ウンジュが自殺したことを伝えています。ただし、タイ語表記ですと、リー・ウンジューとなっています。多分、姓が李だと思うんですが、これは日本語だとイなのでしょうか?

ちなみに私は冬ソナも何も見たことがありませんので、韓流はよくわかりません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันอังคาร, กุมภาพันธ์ 22, 2005

ディーゼル 制限なくす ズバッと15.19バーツへ

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「ディーゼル 制限なくす ズバッと15.19バーツへ」です。

タイ政府の価格統制により昨年1月10日以来409日間一定価格だったディーゼルの価格が1リットルあたり60サタン値上げされ、15.19バーツとなりました。これまでは、ディーゼルの価格が一定額以上になってもその差額は政府が補助していましたが、その補助金もすでに680億バーツに達し、補助基金も底空いてきたため、値上げに踏み切りました。ガソリンのほうも近々値上げがあるようです。

ディーゼルを使用するピックアップトラック、商用車にとってはわずかとはいえ、影響が出ることとを思います。

もう一つ、真ん中左の写真です。

歌手で俳優のニーノ(นีโน่)が酒酔い運転で捕まりました。裁判所は罰金4000バーツ、懲役2ヶ月執行猶予2年、24時間の社会奉仕を言い渡しました。

コンキ~ンガ~オ、カウチャイバーンシ~ なんて唄もありましたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันจันทร์, กุมภาพันธ์ 21, 2005

ルアン・プー 目が痒い 瞬間接着剤を目に差す

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「ルアン・プー 目が痒い 瞬間接着剤を目に差す」です。

アーントーン(อ่างทอง)にある寺の81歳の住職が目が途轍もなく痒くなったため、目薬を差そうと思い、薬箱から薬を取り出し、目に差しました。
目薬を差して、初めは多分安全だろうと思い、都合、4滴ほど両眼に差したそうです。すると目の辺りがヒヤッとし、1分もしないうちに目が開けられない状態になってしまいました。間違って、瞬間接着剤を差していたのです。
驚いて、門生たちを呼び、接着剤を取ろうとして、シンナーで洗ったそうです。そうしたら、目はヒリヒリ熱く痛み出し、結局は病院に運ばれました。
医者は失明の可能性があると伝えています。

瞬間接着剤を目に差したというのは驚きです。形状が目薬に似ているからといっても、似て非なるものなのですが、老年の住職には見分けがつかなかったのでしょうか。薬箱に瞬間接着剤が入っていたことがそもそも誤りですね。

もう一つ、上の写真です。

2歳の女の子が火事で焼死しました。現場は、実は私の自宅から一本奥のソイでした。
火事の原因は点けっぱなしにしていたロウソクが倒れ、毛布に火が移ったためです。電気料金の支払いを忘れ電気を止められていたため、ローソク暮らしになっていたのも遠因となっています。
焼死した女の子の母親の証言によると、1ヶ月前に彼女自身の母親が亡くなり、夢によく母親と3人の子供たちが出てくるので怖くなり、夜もロウソクを点けっぱなしにしていたそうです。

こういうことってあるんですね。祖母が孫を引き寄せたのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันอาทิตย์, กุมภาพันธ์ 20, 2005

最南部問題の爆発物製造拠点を崩す

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「最南部問題の爆発物製造拠点を崩す」です。

スガイコーロックであった爆発事件ですが、18日夜、警察当局はかねてから爆発物製造に絡んでいるという疑いがもたれていた家屋の調査したところ、爆発物製造に必要な化学物質など見つかったそうです。家屋の住人は家宅捜査を察知して逃亡したようです。
当局によると、彼等は爆発物は1つあたり1万バーツで製造を請け負っていたことらしいと伝えています。
現在、当局ではさきの爆発事件を関係があるのか調査しています。

もう一つ、左の写真です。

ヘルメットを被った少女が指しています。
中学2年の少女がピックアップトラックで無理矢理強姦されたと、犯人であるタイ商業銀行に勤める運転手を指したものです。
犯人は公衆電話にいた少女のところにやってきて、警察の者で覚醒剤調査に協力してほしいと嘘を言い、覚醒剤使用を拒否する少女を無理矢理ピックアップトラックに連れ込み、強姦した疑いです。

もう一つ、おまけです。

写真がありませんが、有名高僧であるパヨーム僧が病んだことを伝えています。
ラヨーン県のある会社に説教に行く途中、吐き気を催し、説教後に病院で検査してところ、食事に中ったということで点滴と休憩を薦めましたが、パヨーム僧は一晩点滴を受けただけで退院しました。来てくれという申し入れを断りたくないからというが退院を早めた理由だそうです。門生たちの話しでは、パヨーム僧は1日15時間も働いているそうです。

病が民衆のためにあるのでしたら、これは本当に頭が下がる思いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันเสาร์, กุมภาพันธ์ 19, 2005

NVを追え 爆発現場から逃走

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「NVを追え 爆発現場から逃走」です。

18日の続報です。
爆発前、日産のピックアップNVがホテルから走り去って言ったという目撃情報が出ています。ホテルの前に停めてあったし、恐らく、爆発物を搭載し、爆発したトヨタ車のトランクに移し変えたものと見ています。警察ではこの謎の日産NVを追跡しています。

また、これとは別に爆発後、ちょうど取材中だったCH7の自動車を盗んで逃走しようとしたものがおり、マレーシア領内に逃げようとしたが警察に捕まりました。容疑者はマレーシアに入国したパスポートを所持していたが、タイに入国したスタンプが押されておらず、事件と関係があるのか調査しています。

この爆発事件を受けて、タクシン首相はさきのゾーニングとは関係がないという見方をしています。

もう一つ、真ん中の写真です。

殿方にはニヤニヤの物品が所狭しと並んでいます。
偽物の性玩具を売ろうとして、捕まったものです。値段は300-1500バーツということですので、日本よりは安い?

もう一つ、おまけです。

写真はありませんが、日本人向けバーに勤めていた女性が警察官官舎で自殺しているのが見つかりました。パッポン近辺に興味があった当の警察官が2年前に知り合ったとそうです。警察では、自殺、他殺の両面から調査しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コーロックで自動車爆発

今日の一面2月18日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「コーロックで自動車爆発」です。

ナラティワート県にあるスガイコーロク(สุไหงโก-ลก)で自動車の底に仕掛けられた爆発物が爆発し、5人の死者、49人のけが人が出ました。
自動車はマリーナホテルの前に停めてあり、当ホテルの3階及ぶほどの爆発の強さだったようです。
現場にはガスボンベが転がっていることから、爆発によるガスボンベへの連鎖爆発を狙ったものと思われます。

もう一つ、左下の写真です。

16日に発表のあった宝くじの当選者の喜びの表情です。
左の夫婦は、1等の番号の他にセットNoも当たり、総額2000万バーツを手にしました。普段はターク(ตาก)でソムタムを売っているということで、当選金は家の購入、タンブン、3人の子供に分けるそうです。
右のおばさんは、ジャンクポット2475万バーツが当たり、貰った銀行のチェックを手にしています。

物価が日本と違いますので、そのまま邦貨にして意味ないのですが、金銭的な感覚からすると、おそらく2億円以上の価値はあると思います。羨ましい限りですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

赤ゾーン 開発予算支給せず

今日の一面2月17日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「赤ゾーン 開発予算支給せず」です。

最南部問題に手を焼くタクシン首相は飴と鞭の行動に出ました。
マレーシア国境に近い3県を村ごとに青、黄、赤にゾーニングし、赤だったところには村に対する開発予算を支給しないというものです。そのゾーニングの規準はタクシン政権に従順であるかどうかではかられることは明らかです。金に物を言わせるというタクシン首相の得意な手段で最南部問題の解決を一気に図ろうとしています。

同日、ナラティワートを訪問することになっていたタクシン首相ですが、訪問前に街中では、クルンタイ銀行近辺に仕掛けられた爆発物により、近くにいた軍人、民間人が怪我をしています。また、ヤラーでは教育大学職員が昼食のために車で出かけようとしたところで車が爆発するという事件も起きています。

ゾーニングが良い方法へ行けばいいですが、無理矢理押し付けるやり方はかえって反発を生むだけなような気がします。さきの下院選でも、タイ愛国党は南部からNO!といわれたわけですから。

もう一つ、右下の写真です。

家族でお茶を飲んでいるところです。右の男性は、かのオイシグループの社長です。
先日、オイシのお茶を買って飲んだところ、喉が乾き、ヒリヒリ痛み、病院で手当てを受けた消費者がいたことから、食品医薬品委員会(通称อ.ย.)が調査したところ、16%の濃度の塩酸が含まれていることがわかりました。
紙面には原因は書かれていませんが、オイシ側では工場に100億バーツかけて、酸度をチェックする設備を増設することになりました。食品医薬品委員会の検査の結果、製造工程に問題がないことが確認され、この日、社長と家族自ら安全宣言したというわけです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

犯罪制圧局の警官 覚醒剤密売で捕まる

今日の一面2月16日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「犯罪制圧局の警官 覚醒剤密売で捕まる」です。

犯罪制圧局の警官が部下の警官とともに覚醒剤密売で逮捕されました。彼等は3回大学生に売ったことを認めており、今回は犯罪制圧局内の駐車場にて当局の囮捜査により捕まったものです。
職場で売買するとは本当に大胆です。そんなことをするやつもいないだろう、という裏を斯いたのでしょうね。即刻、懲戒解雇になったのはいうまでもありません。

もう一つ、左の写真です。

赤ちゃんをサラブリー(สรบุรี)の病院から誘拐した容疑で捕まった女性が現場検証を受けています。
3回妊娠したが3回とも流産した女性が、子供を欲しがる夫から愛されなくなるのを恐れて、赤ちゃんを病院から誘拐したようです。
その女性はナコンナーヨック(นครนายก)の病院の清掃婦として働いていましたが、知っている人ばかりなので、他県の病院で生まれたばかりの赤ちゃんを誘拐しました。しかし、病院から出生証明書がないため、出生届を出せません。自宅で出産したにしても、最終的には医者の証明書が必要ということで、自分の勤務先の病院で証明書をもらおうとしましたが、医者が出産した様子もないことに疑念を持ち、容疑が発覚しました。

病院から赤ちゃんが誘拐される事件は度々ありますが、犯罪の背景はいつも同じです。子供がいないと棄てられるかもしれない、という日本の江戸時代のような状況がタイにはまだ残っています。何とかならないのでしょうか。

| | Comments (22) | TrackBack (0)

วันอังคาร, กุมภาพันธ์ 15, 2005

シーラット妃 懐妊

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「シーラット妃 懐妊」です。

実はこの日から18日までペナンに行ってました。帰ってから、紙面の内容を紹介しようと思っていましたが、新聞そのものがどっかいってしまいましたので、概略で紹介します。

バレンタイン・デーの14日、王室局はワチラロンコン皇太子の妃シーラットが懐妊し、5月中旬に出産予定であることを発表しました。
多分、右にあるガルーダ入りの書類が医者なりの証明を記したものと思われますが、定かではありません。

もう一つ左下の写真です。

赤ちゃんを抱いたジェッタリンですが、ゲタマニーとの間に3人目の子供が生まれました。生まれた日がバレンタイン・デーというのもいいですね。

| | Comments (22) | TrackBack (0)

วันจันทร์, กุมภาพันธ์ 14, 2005

ポー・クーン 寺に戻る 信者たちがわっと訪ねてくる

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「ポー・クーン 寺に戻る 信者たちがわっと訪ねてくる」です。

長らく病院で入院していたコーラトの高僧ルアン・ポー・クーンは病院からの退院許可が出て、お寺に戻ってしました。お寺には信者1万人ほどが帰り待ち構えていたようです。 この高僧は信者の頭をコッと叩くことでご利益を受けられるようですが、病院の医師団からは、その儀式をするのは1日2回、1回あたり10人までと制限付きで許可したようです。

タイにはいろいろな高僧があちらこちらにいます。でも、厳密な仏教徒とも言えない日本人にとっては、よくわからないところもあります。

もう一つ、下の写真です。

バイクを盗難から守るための防犯器具がスコータイ(สุโขทัย)にある学校の先生により開発されました。その器具、バイクに取り付け、泥棒がバイクを持ち上げようとしたりすると、火が一瞬まばたき、それと同時に無線で信号が送られるようになっています。また、エンジンの起動ができなくなってしまいます。
制御用のリモコン付きで1セットあたり1000バーツはしないということですので、バイク所有者には朗報でしょう。

車用は似たようなものがありますが、まだまだバイクの普及が高いタイにとっては素晴らしい防犯器具です。

| | Comments (32) | TrackBack (0)

วันอาทิตย์, กุมภาพันธ์ 13, 2005

ショベルカーで車を叩き壊す 突き刺し内臓を引きずり出す

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「ショベルカーで車を叩き壊す 突き刺し内臓を引きずり出す」です。
ちょっとおぞましい殺人事件がプラチンブリー(ปราจีนบุรี)でありました。
みかん農園の開墾のため、ショベルカーを使っていましたが、そのショルベルカーの運転者が現場監督者の乗った車をショベルカーで叩き壊したうえ、被害者の身体をもショベルで突き刺し内臓を引きずり出して、被害者を死亡させたものです。
ショベルカーを運転していた容疑者は事件後、行方をくらましており、警察では行方を追っています。

警察の調べでは、事件前、現場監督は容疑者を自分の車に乗せ、どこへ行ったということのようで、作業に関して、何らかの言い争いがあり、事件に及んだのではないかと見ています。

現場写真は載っていませんが、きっと悲惨な状況だったと思います。

もう一つ、下の写真です。

黒い服の女性がある男性を指差しています。
空港までタクシーに乗ったら、ワイセツな話しばかりで、降車後、空港職員を通して、警察に捕まりました。容疑者は否定しており、その後裁判を通して事実が明らかになるようです。軽犯罪のため、本来ですと罰金500バーツのようですが、刑事裁判の結果、犯罪となれば10年以下の懲役、2万バーツ以下の罰金となるようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันเสาร์, กุมภาพันธ์ 12, 2005

ネウィン当てが外れる 選挙管理委員会の罠にはまる

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「ネウィン当てが外れる 選挙管理委員会の罠にはまる」です。

組閣の準備が着々と進んでいます。
そんな中、ネウィンは農業大臣を希望していたようですが、ソンクラーでの選挙違反と見られる悪行を理由に任命されないようです。そのほかの大臣の行方ですが、外務大臣のスラキアットは副首相か教育大臣、教育大臣のアジサイは観光・スポーツ大臣、スリヤは運輸大臣留任、ウライワーンは労働大臣留任。タクシン党首の妹であるヤウワパーは工業大臣を希望しているようです。また、医師であるプロムミンは総理大臣官房か厚生大臣、現在厚生大臣のスダラットは内務大臣を希望しています。ただ、この内務大臣のポストはイサーン地区の選挙勝利の功労者タームラックも狙っているようですが、かつて国防大臣を務めていたときに深南部問題の解決ができなかったため、司法大臣か副首相であろうと予想されています。サムパン陸軍大将は国防大臣ということのようです。

まだまだ一悶着ありそうです。

もう一つ、下の写真です。

クロントイで1歳になる孫とおばあさんが飼っていた犬に咬まれました。犬はアメリカンピッツブルですが、獰猛な犬なのでしょうか。子供が犬を指で突付いたので咬まれたようです。医師の話によると、人工呼吸器が必要なほど重体ということです。

最近、バンコクでも犬に咬まれるという事故が相次いでいます。私の家の近くでも、シェパードが放し飼いになっていますが、吠えるわけでもなく大人しい犬なのですが、大きいだけにちょっと怖いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันศุกร์, กุมภาพันธ์ 11, 2005

タクシン 大臣に大きいことを言う ミスター・クリーンであれと

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「タクシン 大臣に大きいことを言う ミスター・クリーンであれと」です。

タクシンは新しい内閣はミスター・クリーンであるべきと声を大にして言っています。しかし、各大臣の割り当てはいまだ問題になっているようで、派閥によっては、15議席ごとに1大臣のポストを割り当ててくれ、みたいな発言をしています。

もう一つ、左の写真です。

9日のナコンラッチャシマの再選挙の結果、大衆党から2人目の候補者が当選しました。票が捨てられていた件、燃やされていた件については、選挙管理委員会では2日の内に調査のうえ、どうするか結論を出すとしています。

さらにもう一つ、下の写真です。

男性の下着の大広告ですが、チュラロンコン大学の先生がその広告の取り外しを要求しています。昨今から問題となっている若者の性体験の低齢化およびフリーセックス助長の影響となるためだと言っています。
確かに、昔のタイは肌が露出する光景は見ることはほとんどありませんでしたが、最近は欧米化志向が進んだせいでしょうか、結構刺激的な場面や光景を見かけることが多くなりました。乱れ始めているといえば、そうなのかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันพฤหัสบดี, กุมภาพันธ์ 10, 2005

タイ愛国党 煙が立ち込める タクシンの言うことを聞かない 

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「タイ愛国党 煙が立ち込める タクシンの言うことを聞かない」です。

組閣の準備が進んでいますが、やはり難航しているようです。派閥によって、入閣者が少なすぎるとか、内務相の椅子を要求したりしているようです。タクシン党首の思い通りに進めるのは難しいようです。
昨日、下院選3地区において、再選挙があり、その結果も出でいます。

左にビデオの映像がありますが、チェンマイで票を数えている最中に、9番つまり民主党の票だけを机の下のゴミ箱に捨てていたということです。ほんとうであれば、実に由々しきことです。また、アントーンでは民主党の票が燃やされたいたということです。タイ愛国党の勝利は変わらないにしても、かなり次元が低い選挙であることが間違いありません。

もう一つ、下の写真です。

ナコンサワン(นครสวรรค์)の住職が女性に乱暴する目的で抱きついたとして、還俗させられたうえ、警察に捕まりました。大分前から、僧侶の乱れはありますが、これだけタイが発展してくると我慢できる限界を超えてしまうのでしょうか。

もう一つ、写真はありませんが、記事からです。

祖父が孫娘を強姦のうえ、妊娠させたという記事が載っています。孫は14歳で、すでに7ヶ月の身重になっているそうです。驚いたことに、その祖父は孫娘の母、つまり娘も強姦し妊娠させたことがあるということですから、鬼畜です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันพุธ, กุมภาพันธ์ 09, 2005

タクシン怒る 大臣の椅子引っぱる

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「タクシン怒る 大臣の椅子引っぱる」です。

下院選挙結果を受けて、タイ愛国党党首タクシンは組閣の準備に着手しています。そこで問題になってくるのは、党内の派閥の勢力に応じて、どうような組閣をするか、です。
すでに比例代表の順位付けでも、各派閥から文句が出ていましたが、タクシン党首はすべての派閥を満足させることはできないと一蹴しています。
そんな中、まだ発表前の組閣の内容がマスコミに漏れて、誰が大臣になるとが憶測のまま記事になり、タクシン党首は各マスコミにリークした内容を記事にしないように注文しました。ただでさえ、派閥間の調整が必要なところに、マスコミの憶測記事ですから、タクシン党首も頭が痛いようです。

もう一つ、上の写真です。

歌手のニコル(นิโคล)とメオことジラサックに待望の赤ちゃんが誕生しました。3800gの男児です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันอังคาร, กุมภาพันธ์ 08, 2005

パンヤット辞任 参謀サナン辞める

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「パンヤット辞任 参謀サナン辞める」です。

下院選挙の結果、大敗を喫した民主党のパンヤット党首は責任を取って党首の辞任を表明しました。また、大衆党の主席顧問を務めるサナンの主席顧問の辞任を表明しました。
全小選挙区400区の結果は、タイ愛国党が306議席、民主党が68議席、タイ国民党が22議席、大衆党が1議席の397議席まで確定しています。残り3議席については、集計や投票に問題がり、1議席は再集計、2議席は9日に再選挙となっています。

民主党の次期党首は、若手のアピシットかチュリンあるいはスパチャイが戻ってくることも予想されそうです。

もう一つ、上の写真です。

選挙の結果の皆さんの表情です。左からタイ愛国党のタクシン党首は幸せ、大衆党の主席顧問サナンは悲しい、タイ国民党のバンハーン党首は淋しい、民主党のバンヤット党首は時間切れです。皆さんの喜怒哀楽は本当に伝わってきますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันจันทร์, กุมภาพันธ์ 07, 2005

タイ愛国党 単独政権

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「単独政権」です。

昨日、下院選挙が行われました。現在、開票中で、各党の最終獲得議席数は出ていませんが、タイ愛国党の圧倒的勝利となりそうです。
紙面にはまだ出ていませんが、すでにタイ愛国党は全議席中350議席を獲得しているという報道もあります。改選前は319議席ですから、そうなってくると、いままでタイ国民党との連立政権だったのが、与党タイ愛国党単独政権の実現も視野に入ってきました。
一方、野党第一党の民主党はタイ南部ではかなり順当に議席を獲得していますが、タイ北部、東北部はタイ愛国党の牙城を全く崩せない状態です。改選前より議席数を落とすのは避けられない見通しです。

もう一つ、下の写真です。

選挙となってくると、芸能人も投票しますので、なぜか投票しているところもニュースになってしまします。ニュースのレベルが低すぎるのは仕方ありません。
写真は国民的アイドルのバードことトンチャイと美男美女の兄弟、ビリーとカトリアです。彼等はどこに投票したのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันอาทิตย์, กุมภาพันธ์ 06, 2005

お金が飛び交う 犬がほえて返す

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「お金が飛び交う 犬がほえて返す」です。

今日の下院選に向けて、お金が飛び交っているそうです。これは票の買収です。特にイサーンなどのような地方で盛んに票買収が行われているようで、何でも一要あたり500-1000バーツぐらいで買われているとか。ところによっては、お金を入れたけど、番犬がほえたので返した人もいるようです。
いずれにしても、こういった記事が堂々と載るところに、タイの未熟さが現れていますね。タイの政治の仕組みが前近代的なやり方では、アセアン先進国の仲間入りするのはまだまだ先でしょう。警察も分かっているけど、取り締まらない。彼等もその恩恵を受けているからとしかいいようがありません。そういう意味では、タイ国民党のチューウィットにかんばってほしいです。

もう一つ、真ん中の写真です。

今日の選挙に向けて、前日より有権者達は登録されている故郷に続々と帰郷しています。
これは、日本のように住民登録というのがなく、住居登録されているところに選挙権があるからです。住居登録は日本で言う本籍地みたいなものですが、バンコクに自己の家や親戚の家がない限り、住居登録を移すことはありませんので、必然的に選挙のときは年末年始のように大移動が起こります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันเสาร์, กุมภาพันธ์ 05, 2005

トヨタ叩き壊す レクサスに交換!

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「トヨタ叩き壊す レクサスに交換!」です。

今度はトヨタ社が槍玉にあげられました。
空軍中佐が2年前に買ったハイラックス(ピックアップ車)に問題があって、全然直らないことに抗議して叩き壊したものです。
記事によると、トヨタ社は100万バーツで買い戻すと言ったようですが、空軍中佐は納得せず、150万バーツでの買い戻しか、レクサスとの交換を要求しましたが、トヨタ社は拒否しました。

こういうのは続けざまに起こるものですが、レクサスとの交換というのはいくらなんでも行き過ぎでしょう。せいぜい、同じようなピックアップ車+αというところじゃないでしょうか。

新聞も新聞です。報道という中立性を保たずに、自動車の所有者の一方的な言動だけを記事にしていますからね。ホンダもトヨタもいっそうのこと、タイからは製造、輸出だけにして国内では販売しないとかにしたほうがいいかもしれませんね。

もう一つ、上の写真です。

明日は6日はいよいよ下院選挙。タイ愛国党が勝つのは分かっていますが、他の政党がどれくらい獲得できるか興味あるところです。
民主党は南部の議席を維持できるのか、タイ国民党は悲願のバンコク議席確保になるのか、タイ愛国党の最終議席数がどれくらいになるのか、などです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันศุกร์, กุมภาพันธ์ 04, 2005

モデル怒って、父子を蹴る

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「モデル怒って、父子を蹴る」です。

携帯電話のコマーシャルに出ているモデルが、ラチャパット大学の運転手をしている男とその息子を足で蹴り、大怪我させていることがわかりました。息子のほうは、鼻を折られ、眉間を割られるという大怪我です。
調べによると、買い物に出かけ、ラチャポット大学の中を通っていたところ、同大学の学生達に取り囲まれ、通行の許可を持っているかと問われ、持っていないというと学生達に殴られ蹴られたそうです。学生達の一人が、携帯電話のコマーシャルに出ているモデルらしいということがわかりました。

なんだかよくわからないことで、いいがかりをつけられるのはタイも同じなんですね。

もう一つ、左下の写真です。

昨日の一面で、女子中学生が咽喉を切られ殺害されるという記事がありましたが、早くも容疑者が捕まり、実況見分と相成りました。驚いたことに容疑者は女子中学生の恋人であることがわかりました。彼らは喧嘩をして、彼女のほうから、分かれたほうがいい、と言われ、殺害にいたったようです。

こちらのほうも、つまらないことで、簡単に人を殺めてしまうんですね。

もうひとつ、上の写真です。

下院選挙真っ只中ですが、与党タイ愛国党の候補者が学歴詐称で、最高裁判所から、候補の資格なしという判断は下されました。その候補者は、バンコクにある大学を卒業したと言ってますが、大学当局は卒業者名簿にその候補者は含まれていないということから、学歴詐称が発覚しました。本人は卒業したと思っていたと言っています。

いつも、思うのですが、ちゃんと卒業したかどうかは本人が一番知っているはずなんですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันพฤหัสบดี, กุมภาพันธ์ 03, 2005

残忍な暴走族 中2生徒の咽喉を切る

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「残忍な暴走族 中2生徒の咽喉を切る」です。

バンコク郊外のラッカバン(ลาดกระบัง)で名門の学校に通う女子中学2年生が殺害されて遺棄されているのが見つかりました。被害者の咽喉を鋭利な刃物で切られていたうえに、胸には2箇所の刃物に刺された痕がありました。また、衣類が胸の上まで捲り上げられた状態だったそうです。
警察の調べでは、被害者と久しい者の犯行とみているが、殺害現場では暴走族の若者を見かけた者がおり、暴走族が被害者を強姦しようとして、騒がれたか何らかの理由で殺害したもののと警察はみています。

ただ、紙面には被害者が殺害される直前に3日間家族に何も告げずに行方がわからなくなったけど、この前の日曜日に戻ってきた、翌日の月曜日はいつも通り学校に通い、両親が被害者を最後に見たのは同じ日の夕方4時だったそうです。実は被害者の自宅は殺害現場とはまったく離れたところに位置してしています。
謎の失跡が事件と関係しているのかもしれませんね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันพุธ, กุมภาพันธ์ 02, 2005

技術学校生 小路を凌ぎにしている輩に撃たれて殺される

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「技術学校生 敵を追っ払う 小路を凌ぎにしている輩 撃って殺す」です。
技術学校の生徒が放課後のスクールバスで帰宅途中、他の技術学校の生徒に取り囲まれ、材木などをバスに投げ入れられ、怒って、バスから相手の技術学校生を追いかけて、小路入ったところ、逆にバイクに乗った男に追っかけられ、ピストルで背中を撃たれて死ぬという事件がありました。
バイクに乗った男は、小路を凌ぎにしている別の技術学校生らしいということが調査で分かっていますが、容疑者の特定まで至っていません。

バンコクにある技術学校は互いに相性が悪いようですが、これではちょっとヤクザまがいみたいですね。

もう一つ、左の写真です。

ホンダ社のCR-Vが100台につき1台問題があるということに怒って、女性がCR-Vをスコップで叩き壊していましたが、こちらは自動車に張り紙をして、ホンダ社に抗議しています。張り紙には、ホンダ社は問題ないというが本当は違うよ、とか、6-7回の修理したけど、まだ直らない、とか書かれています。

クレーム対応、ひとつ間違えると大変なことになってしまいます。大事にならなればと思っています。

さらにもう一つ、下の写真です

昨日の宝くじの結果が出ましたが、なんと、貯まりに貯まったジャンクポット2700万バーツがコンケン(ขอนแก่น)の女性に当たりました。

夢でもいいから、一度当たってほしいですよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

วันอังคาร, กุมภาพันธ์ 01, 2005

SWINGINGパーティーをコンドミニアムで開く

今日の一面今日の一面です。(写真をクリックすると拡大します)

見出しは、「SWINGINGパーティーをコンドミニアムで開く」です。

見出しのSWINGINGというのがよく分からないですね。文面から何だか卑猥そうなことだけは分かったのですが、私もよく分かりません。なので、インターネットで調べてみました。
SWINGINGというのは、男女のカップルが別の男女のカップルとペケペケをする、日本で聞くスワッピングと似たようなことだというのが分かりました。文中のペケペケは適当に推察してください。

記事によると、セックスの自由を求めるグループがSWINGING同好会を設置し、大胆にもWEBサイトで男女の参加希望者を募っているそうです。紙面には、URLも載っていますが、現在は接続できないようです。
そのグループは、バンコクのパッタナカン通りにあるコンドミニアムでマラソンのように1日中SWINGINGを行っているようです。
そのような集まりがバンコクだけでも10以上あるそうです。

何やら、アンダーグランドの秘密結社みたいですね。

もう一つ、左の写真です。

タクシン首相が車内で手を振っています。これは、昨日、事故のあった地下鉄で今日から再開通に向けて、事前チェックのため、車内に乗り込んだものです。地下鉄のほうは、問題なく、今日から再開されました。
グラミー所属のタレントさん達やいろいろな人たちを呼んでの試乗会となったようです。女性と女性の垣間に、なぜか人気俳優のセーム(แซม)ことユラナンが見えます。彼もタイ愛国党から今回の下院選に立候補しています。

こちらのほうは、タクシン愛好会だったようです。

もう一つ、下の写真です。

最近、この手の事件が多いのですが、病院で生まれたその日に赤ちゃんが何者かに連れ去られたようです。赤ちゃんの温もりも十分味わっていないうちに連れ去られるですから、お母さんにとっては悲しみ以外何ものでもないです。無事、見つかることを祈っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« มกราคม 2005 | Main | มีนาคม 2005 »