« 政治不信 ~ 日本編 | Main | 拉致事件 »

วันศุกร์, พฤษภาคม 21, 2004

政治不信 ~ タイ編

日本人からすると、多分、タイのほうが政治不信というかおかしいんじゃないのかと思うことが多いと思います。

タクシン首相はイギリスのプレミアリーグ・リバープルの株式取得するって話がありますが、タイ国民は皆タクシン首相の私財で買うのかと思っていたが、どうも公金で買うらしいです。「サッカーを通じて、タイをもっと売り込む」とか息巻いていますが、公金と知ったタイ国民からの反対は多いですね。でも、多分、押し切られるんだろうな。完全に政治を私物化していますからね、この人は。

病気なんでも、1回30バーツ(90円)の保険制度も作ったのも、この人です。貧しい人はこの恩恵はいいけど、激しく議論されたわけでもないので、国立病院は治療費と30バーツの差額をどこから補填するのか、困っています。別段、そのための予算も十分に計上されているわけでもないようですし。だから、国立病院から腕のいいお医者さんはみんな私立病院に流れちゃっています。大変なだけで、やっていられないってね。

結局、タクシン首相の政策ってみんな、学歴も低くかつ収入も少ない大半のタイ国民のご機嫌取り政策なんですよね。そういうタイ国民からすると、タクシン首相の政策は有難いと思っているけど、政治の土壌としてはまだまだ未熟だから、そういうことがまかり通ってしまうんですね。

タクシン首相はAISという携帯電話会社の創業者で、携帯電話事業の法案とかも自分の会社に有利なようにしているのは、結構みえみえだし、先日話題になった子供の大学合格疑惑も、タクシン首相のご機嫌取りのために大学側が便宜を図ったみたいだし。誰も大きい声でそんなこと言わないけど、心では思っていますよ。

だから、そういう意味で日本の政治なんかは全然まともですよ。

|

« 政治不信 ~ 日本編 | Main | 拉致事件 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31450/632958

Listed below are links to weblogs that reference 政治不信 ~ タイ編:

« 政治不信 ~ 日本編 | Main | 拉致事件 »